平木研究室における研究の基本テーマは計算と通信の高速化であり、ハードウェア、ネットワーク、アーキテクチャ、オペレーティングシステム、最適化コンパイラ、プログラミング言語、アルゴリズム、アプリケーションなど計算機が係わる全ての側面から、高速化の研究を進めています

ニュース

2007/05/08
10ギガビットネットワークを利用したインターネット速度記録を完結
−IPv6の性能実証と、全クラスの最終速度記録を達成−

2006/11/06
世界最高速のスーパーコンピュータ用プロセッサチップ開発に成功
−ペタフロップス実現へ大きな一歩−

2004/11/15
SC2004 において1本のTCPストリームだけを用いて、7.21Gbps のデータ転送を実現

2003/11/19
SC2003 において日米間データ転送速度 7.56Gbps で世界記録を更新