プログラミング技法

第6回

5.pdf

Sort

Slides: 4_.pdf

n2sort.tar.xz

第3回

3.pdf スライド

caesar.tar.xz カエサル暗号の例.

./caesarなどとして実行すると標準入力(キーボードなど)から読んで標準出力 (画面)に出力。 CTRL+Dで読み込み終了。

./caesar 入力ファイル 出力ファイルなどとすると指定したファイルから読み込み、結果を書き出す。 入力に-を指定すると標準入力になる。 出力を省略すると標準出力になる。

各言語のマニュアル

C
http://www.open-std.org/jtc1/sc22/wg14/www/standards.html にあるWG14 N1256や、manページ (man 3 freadなどとする。 man 3 stdioなどもある。)
Java
java -versionで使っているJavaのバージョンを調べる。
1.8.0ならhttps://docs.oracle.com/javase/8/docs/api/
1.7.0ならhttps://docs.oracle.com/javase/7/docs/api/
1.6.0ならhttps://docs.oracle.com/javase/6/docs/api/
左上のフレームからjava.langjava.ioなどを選択するとかなり見通しが良くなる
Ruby
http://docs.ruby-lang.org/ja/2.0.0/doc/

2.pdf

1.pdf

問1

stacperf.tar.xz tar xJvf stacperf.tar.xzなどとして展開する

実行方法

C
cディレクトリでmakeを実行してコンパイルし、./stacperfとして実行する
Java
javaディレクトリで./build.sh, ./run.shでそれぞれコンパイル、実行する
Ruby
rubyディレクトリで./stacperf.rbとして実行する